バレーボールの個人指導 東京バレーボールアカデミー


スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ

サーブは唯一止まったところからプレー出来る動作で、有効な攻撃です。

ということを聞いたことがあるという人も多いんじゃないでしょうか。

それはもうなんの疑いようもないことで、その通りだと思います。

それに加えてやり始めた人にとっては、

バレーボールのゲームに楽しく参加するためにはパスと同様に通らなければならない関門でもあります。

「サーブをまずはしっかり入れられるようになりたい!」

「入れられるようになったら、次はうえからのサーブに挑戦したい!」

「それも入るようになったら、強くしていきたい!」


サーブ編VOL.1 では、ここまでの上達が達成できるように収録しています。

上達がなるべくスムーズに行くように順序に気をつけて構成しています。

同じ練習を行ったとしても、個別指導では実際に習得していく順序や伝えるポイントは習熟の段階でまったく違ってきます。

このDVDではそれを計算ドリルのように順を追って分かりやすく解説しています。

なぜ上手くいかないのか?

上手くいく人はどうやっているのか?


それを簡潔に、個別指導の現場でも実際に行われている練習方法を中心にお伝えしています。


安心してください。実践・理解するのに難しいことは何一つ含まれていません。

応用習得のための基礎を収録
   
   
   
   
   
   
   
   
   

スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ



このドリルを進めていくにあたり、まずはサーブを無理なく入れられるようになれるようにアンダーハンドサーブの習得を目指しましょう。

フローターサーブに比べて比較的短い時間で習得が可能なので、

バレーボールをやり始めた方はまずはサーブを入れられるようになればゲームにも参加出来るようになります。

またアンダーハンドサーブ習得への準備として、

バレーボール全てのプレーに通じるボールセンスの鍛え方を収録してあります。

カンタンに取り組むことができる上にいつでもできる練習なので、是非挑戦してみてくださいね。

体育の授業が苦手でいくらやっても届かない・・・

というスクール会員さんでも、2時間でマスターできたことがある練習方法を紹介しています。

そのときはコートの半分までも届かなかったのですが、

その会員さんは本当に2時間で届くようになりました。

意識の持ち方や注意するポイントを気をつければ劇的に変わる良い例だと思います。

力の使い方の基本を知ることができるプレーなので、

小さいお子さんやボール競技(球技)をやったことがない方が取り組むにはうってつけのプレーだと言えます。


VOL.1では、まずは球技に通じる力の使い方を感じられるところからやり始め、安定したサーブを手に入れ、。

安心してサーブを打てるように自信をつけていきましょう。






ボールに手が当らない

アンダーハンドサーブでもなかなか上手くいかない場合のチェックポイントをお伝えします。

先に紹介した練習法と組み合わせて気をつけるポイントをお伝えしていますので、

アンダーハンドサーブに対する不得意意識のある人や上手くいかずに悩んでいる人は、

ここで一気に悩みを解決出来るように取り組んでいきましょう。






サーブが入るようになったら、次はフローターサーブに挑戦してみましょう。

言われるまでもなくアンダーハンドが入るようになった後は挑戦したくなるものだと思いますが、

ここではなるべくすんなり取り組んでいけるよう、感覚の習得方法に気を使って解説しています。

まずは上手くいきやすい良い例を紹介していますので、

良いイメージや目標とするイメージを掴んでから取り組み始めると良いでしょう。

無回転入門編としての練習法にも触れていますので、

ここで無回転サーブにも挑戦してみてもらうこともできます。

「強く打つ感覚」

を掴むためには手に感覚を覚えさせなければなりません。

そして打つ動作の基本的なところを覚えて実践できるようにあったら、

どんどん強くしていくための解説も収録してあります。

自分でも工夫して取り組みやすいような内容にしていますので、

VOL.1 収録内容以上の成果を出すことも出来るようになっています。

フローターサーブは強いサーブを習得するうえでは本当に避けて通れないプレイです。

味方に頼られるようなサーブを身につけられるような習得を目指しましょう。





ボールに手が当らない

これらの悩みはここで一気に片付けられるよう、失敗してしまう原因と克服方法も説明しています。

自分がなぜうまく出来なかったのか、どう解決すれば良いのかを見つけてほしいと思います。

うまく出来ない原因がしっかりと理解できると、次に何をすれば良いのか、どう気をつければ良いのかは自然と分かってきます。

難しいと思っていたことも、ほんのささいなヒントで解決するものです。

まったく知らなかったことを理解するのは大変です。

教えてもらえないというのは、まったく知らないことを自分で知らなければならないということです。

それでは非効率にも程があります。

ここでは個別指導の現場でも実際にみなさんが悩んでいる事例を挙げていますので、上手に活用して効率良く上達していきましょう。




スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ
                こんにちは。
                東京バレーボールアカデミー ヘッドコーチの安良岡です。
                
                今回の 「バレーボール上達ドリル 〜サーブ編Vol.1〜」では、
                他のプレイ編と同様に、実際に個別指導の現場で行ってる練習方法を基本として解説しています。

                サーブはアタッカーもレシーバーもセッターも関係なく、
                9人制なら全員、6人制だとリベロ以外は必ずプレイ機会が巡ってきます。

                苦手意識が付いてしまうととっても損なプレーなんです。
                うまく出来ないと思ってしまうと、それだけでミスしてしまう確率もあがってしまいます。
                自信をつけて相手に嫌がられるようなサーブを目指して頑張りましょう!

                購入者特典の質問サポートでは私も回答する予定なので、
                これを機に一緒に上達していきましょう!







スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ
         













バレーボール上達ドリルシリーズ レシーブ編 VOL.1