バレーボールの個人指導 東京バレーボールアカデミー


スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ

トスというのはすべて味方に対するプレーです。

セッターが味方にトスをあげる動作は、すべてオーバーハンドパスです。

ここではオーバーハンドパスの基本から解説をしています。

力の使い方を知っておけば、オーバーハンドの応用編にあたるトスにもすんなり取り組んでいけることでしょう。

スクールでも通常よく取り組んでいるオーバーハンドパスと、

セッターとしてとことんやっていくためのオーバーハンドとは多少やり方は違ってきます。

しかしまずはオーバーハンドパスを習得できなければ、当然トスの習得も難しいのです。

そしてトスとオーバーハンドパスは何が違うのかその違いも理解しておくことで、

今後の取り組み方が見えてくることだと思います。

トス編VOL.1ではセッターのトスだけではなく、


「やさしくフワっとしたオーバーパスができるようになりたい!」

「二段トスがもっとできるようになりたい!」

「セッターとして安定したトスをあげたい!」

「バックトスのぶれをなおしたい!」



トス編VOL.1 では、ここまでの上達が達成できるように収録しています。

上達がなるべくスムーズに行くように順序に気をつけて構成しています。

同じ練習を行ったとしても、個別指導では実際に習得していく順序や伝えるポイントは習熟の段階でまったく違ってきます。

このDVDではそれを計算ドリルのように順を追って分かりやすく解説しています。

なぜ上手くいかないのか?

上手くいく人はどうやっているのか?


それを簡潔に、個別指導の現場でも実際に行われている練習方法を中心にお伝えしています。


安心してください。実践・理解するのに難しいことは何一つ含まれていません。

応用習得のための基礎を収録
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ



このドリルを進めていくにあたり、まずはオーバーハンドパスをスムーズに出来よう習得を目指しましょう。

パスは基本中の基本だと言われたりしますが、

練習でパスは必須ですし、試合ではチャンスのときにやらなければならないプレーです。

セッターだけでなく、アタッカーもレシーバーも練習やゲームで必ずやる機会があります。

トスの役割やどういう意識で取り組めが良いのかを理解したうえで、

ドリルに取り組んでいくようにしましょう。





セッターを目指す人、

セッターとして土台をしっかりさせたい人、

オーバーハンドパスをしっかりやれるようになっておきたい人、


みんな避けて通れないプレーなのです。

セッターであれば「トス質」という言葉が存在するほど、

取り組むステージが進めば進むほどトスの質は重視されてきます。

そして意外と知られていないのですが、

オーバーハンドパスはとても怪我が多いプレーです。

指の付け根を怪我しやすく、当り方によってはカンタンに骨折してしまいます。

これらのステップアップをスムーズにさせていくためにも、

無駄に怪我をしないで取り組んでいくためにも、VOL.1ではまずはやさしくしなやかなボールをオーバーハンドできるようになりましょう。






ボールに手が当らない

もっとも失敗しやすい手の使い方をパターンと傾向に分けて解説しています。

そのほかにもオーバーハンドパスで起こりやすい失敗の例と、

それに対する克服法を合わせて説明しています。

ここで一気に悩みを解決出来るように取り組んでいきましょう。





トスにすんなり取り組んでいくためには、

その準備として行うととても効果的な練習があります。

取り組む順番をちょっと工夫するだけで、次へのイメージが出来て習得したものがつながっていくのです。

オーバーハンドパスが上手だからといってすぐにネット際に張り付いてトスをあげても、

なかなか上手くいかないものです。

意識するべきポイントを理解し、準備をしっかりしていくことで、

セッターとしての練習にも効率良く取り組むことができるようになってきます。

実践では生きたいろんなボールが飛んできます。

短いボールにもしっかり対応できるように、

ここでは

アンダーハンドでのレフト・ライトへのトスの準備〜実践編

も収録してあります。

また
2段トスについても解説しているので、

苦手な方は是非参考にしてみてください。

ライト側へのバックトスが苦手な方にもご参考いただけるよう、VOL.1でしっかり解説しています。

バックトスは見えないので荒れやすく、安定しづらいと思いますが、

焦らず効率的に練習に取り組むことできっと効果は出てきます。

無駄な反復練習に費やす時間はなるべく減らし、効率的に練習していきましょう。





ボールに手が当らない

これらの悩みはここで一気に片付けられるよう、失敗してしまう原因と克服方法も説明しています。

自分がなぜうまく出来なかったのか、どう解決すれば良いのかを見つけてほしいと思います。

うまく出来ない原因がしっかりと理解できると、次に何をすれば良いのか、どう気をつければ良いのかは自然と分かってきます。

難しいと思っていたことも、ほんのささいなヒントで解決するものです。

まったく知らなかったことを理解するのは大変です。

教えてもらえないというのは、まったく知らないことを自分で知らなければならないということです。

それでは非効率にも程があります。

ここでは個別指導の現場でも実際にみなさんが悩んでいる事例を挙げていますので、上手に活用して効率良く上達していきましょう。




スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ
                こんにちは。
                東京バレーボールアカデミー コーチの秋田です。
                
                今回の 「バレーボール上達ドリル 〜トス編Vol.1〜」では、
                私自身も長年セッターをやっているということでセッターの目線から監修に加わっています。

                オーバーハンドパスの習得は一般的にやりやすい内容で構成に注意していますし、
                スパイクレシーブやサーブレシーブに通じるようなやり方をお伝えしています。

                セッターは縁の下の力持ち的な存在で直接目立つようなポジションではないですが、
                チームの心臓のような役割を果たしています。
                ほとんど2つ目のプレーはトスですし、
                その分プレー機会はとても多くなりチームの命運を左右します。
                バックトスなんかはぶれやすく、悩んでしまう人も多いと思います。
                そのほかセッターが抱えやすい悩みにも克服法をお伝えしています。

                購入者特典の質問サポートでは私も回答する予定なので、
                これを機に一緒に上達していきましょう!







スパイクの上達で悩んでいる・・・そんなあなたへ
         













バレーボール上達ドリルシリーズ レシーブ編 VOL.1